日本航空高校

日本航空高校 普通科 通信制課程 【個別指導】通学タイプの通信制高校。転入学、編入学、新入学出願受付中!
WING HIGH SCHOOL 普通科(特進・総合文化)航空工学科

入学案内

ここがポイント!!

転入学・編入学(転校)はいつでもOK!!
転編入学の場合は、前籍校の在籍年数・修得単位を日本航空高校に移行
075-334-5098までご連絡ください

 

入学の方法

日本航空高等学校

入学をするためには、随時行っている個別説明会に参加しなくてはなりません。ここで、学校の概要を説明し、あなた自身のことをお聞きします。個別説明会は、夜の時間帯や週末にも行っています。

 

ご希望の方は、075-334-5098(日本航空高等学校 嵯峨野学習支援センター)までご連絡ください。

 

説明を聞き、入学の意思を固めたら、出願となります。 出願に必要な書類は、募集要項に同封されています(募集要項は、説明の時に配布しています)。調査書、在学証明書は、学校の先生に書いてもらってください。志願票は生徒本人が記入し、全書類を同封し日本航空高等学校 嵯峨野学習支援センターに送付してください (調査書・在学証明書は、生徒が在籍する学校より、直接送付していただくこともできます)。

 

転入学(現在高校に在籍している方)

現在、他の高校に在籍していて、その高校から日本航空高校に籍を移す(転校する)入学を、転入学と言います。 転入学の場合、前籍校の在籍年数や修得単位が、日本航空高校に移行されます。 ですから、高校の卒業時期が伸びたり、余計な単位を取ったりする必要はありません。まだ、今の学校に退学届を出していないのであれば、転入学扱いでの入学となります。 退学届を出す前に、日本航空高校にご相談ください。 なお、転入学の出願は、年間を通していつでも受け付けています。

 

編入学(既に高校を退学している方)

既に高校を退学した場合は、編入学と言う区分での入学となります。 この場合も、転入学と同じく、前籍校の在籍年数や修得単位が日本航空高校に移行されます。 ただし、前の高校を退学してから日本航空高校に入学するまでの期間が長い場合、 卒業するまでの期間が変動することがあります。 個別の判断が必要になりますので、なるべく早いうちに、日本航空高校に相談してください。 編入学の出願は、年間を通していつでも受け付けています。

 

新入学(中学を卒業見込みの方・高校に在籍経験の無い方)

中学を卒業してから、どの高校にも属さずに日本航空高校に入学することを、新入学と言います。 中学3年生が高校を受験する場合、全て新入学と言う扱いになります。 新入学の入学時期は4月と10月で、それぞれ3カ月程度前から出願を受け付けています。

月入学を希望する場合、出願期間が、京都府内・滋賀県内の他の高校とは異なります。 募集要項を確認し、出願期間内に出願してください。 出願期間は、通常、1月上旬から4月上旬となっています。

 

選抜方法

選抜方法は、面接と調査書です。 生徒の「今まで」よりも「これから」を大切にしたいと言う想いから、 学科試験は行わず、面接を大切にしています。 面接では、受験者自身のことを聞き、「やる気」があるかを確認しています。 なお、生徒の出席状況や内申点(通知表の点数)は、参考程度にとどめております。

 

卒業について

◇3年以上の在籍(日本航空高校の場合は3年の在籍)
◇74単位以上の修得
これが、文部科学省が定めている、通信制高校の卒業要件です。
他高校から日本航空高校に転入学、編入学(転校)した場合、 前の高校の在籍年数や修得単位が、卒業要件に加算されます。つまり、前の高校と日本航空高校の在籍年数の合計が3年、修得単位数の合計が74単位以上で 卒業ができます。ですから、他の高校からの転編入(転校)によって、卒業の時期が伸びたり、単位を再修得する必要はありません。
なお、「単位」とは、授業の量を表す用語です。全日制課程の高校の場合、1学年で約35単位の授業を履修します。 高校3年生からの転入学であっても、前籍校で、卒業に必要な単位数は、ほぼ修得していますので、卒業に苦労することはありません。

 

卒業について

卒業について

卒業について